今日も伊藤裕子

<   2011年 06月 ( 63 )   > この月の画像一覧

今日からプール

今日から学校の授業でプールがスタートする子供達。

我が家の次男がプールバックを持って登校しようとした姿が可愛いので

思わず撮ってしまった。

d0224139_14545691.jpg
母「お前、かわいいねえ~え。」っと、

思わず口走り・・・・

d0224139_14573436.jpg
またまた嫌われる母であった。

この年代の男の子に可愛いと言ってはいけないのであった。
[PR]

白内障

昨日の夕方、主人からメールが来た。

白内障という題名で、

いつ手術してもいい位の状況になったらしい。

この手のメールは、残念ながら我が家では、我が家の犬、コロを指すのか、

主人の父か母か今一つわからない。

全員ポテンシャルなのである。

コロの病院も主人が担当で白内障・緑内障・網膜剥離で経過観察の

主人と玄太郎の愛犬。

そこで誰のことを言っているのかという質問をしたところ、

俺の左目

だって。

18歳の時、両目とも網膜剥離の主人。

42歳で左目をもう一度剥離。

2か月に1度眼医者に経過観察をして、2・3種類の点眼をしていて、

51歳で白内障ねえ・・・・。

主人の母から数か月前も、

「我が家は目の性が悪いから、裕子ちゃんよろしくお願いします。」っと、

言われたことを思い出す。

私「左目見えてないの?」

主人「あんまり。」

(あんまりだって・・・。まあ朝起きて突然見えなくなってないと気が付かないものだけど。)

51歳で白内障の主人と1歳で白内障のコロ。

そこまでお揃いじゃなくてもねえ。
[PR]

本日の練習

週末の練習以来久しぶりの自主練。

先週は室内トスバッティングと毎日の素振りのみだったので、

この場所でのキャッチボールは約10日ぶりとなる。

約30分間の3人でのキャッチボール。

長男もピッチングではなくファーストミットでショートバウンド

処理練習を要求。

私も覚も一生懸命投げましたよ。

d0224139_22572550.jpg


d0224139_22581338.jpg
[PR]

五反田

東京都品川区東五反田。

私はこの界隈ととても縁がある。

その1.
23歳から32歳まで勤めていた会社の東京本社が五反田にあった。

その2.
大阪支社から戻ってきた1996年8月~1999年7月までその会社の

向いに住んでいた。

その3.
2003年4月~2005年4月まで私は東五反田1階の店舗でサロン経営をしていた。

その4.
2005年4月~2006年12月までもっと五反田駅よりのM社長の会社で間借りを

していた。

その5.
現在、久美子さんの旦那さんは五反田のオフィスで働き、その系列会社がこの

パンやさんを経営している。

d0224139_133449.jpg
そのパンやさん、いろいろなグルメ雑誌の常連「アリエッタ」

ここのラスクは最高に美味しいが、そのラスクと1・2を争うこちら

   ↓↓

d0224139_1336156.jpg
パン・オ・ミエーレこちらのタイプは(大)と(小)が有り、本日は(小)を購入。


現在6月12日から糖質カットダイエット中の為、泣く泣く小を1個購入。

本日はその6に当たる、弊社取引先の商品を仕入れに五反田に出掛けた為、

立ち寄りパチリ。

注目はアリエッタさんの店舗映像の真ん中右側に赤いオリジナルトートバックが!

6月18日の久美子さんのはグレー。

此方はレッドである。

因みに私は紺を持っている。

もっとあげれば切りがないほど私にとってご縁が深い「品川区東五反田」
[PR]

遂に断念

オフィスも家も冷房を付けず頑張っていたが、

次男の背中に初めてあせもが出来てしまい、

3階のお父さんの部屋で3人で寝るよう、遂にエアコンをつける。

その為に、次男用のベットを移動し、長男はお父さんの

クイーンベットに寝る。

私は?っというと、2階で1人で頑張るよ!!

この子と共に↓↓

d0224139_22521594.jpg
[PR]

久美子さんとの共通点

ビジネスパートナー・久美子さんと私の共通点は多々ある。

先ず、同じ年の生まれである。

彼女は6月、私は11月。

だから、久美子さんの方が約半年年上なのだ。


久美子さんも私も小学校時代から皇室アルバム

観て育った。

天皇家ファミリーに対して尊敬の念を持って生きてきた。


美空ひばりが好き。

彼女の歌の力は亡くなってなおこれだけ存在しているのだから、

昭和20年代の日本にどれだけの希望と光であったことだろう。


フィギュアスケートのファン。

男子も女子も好きだが、私たちは浅田真央ちゃんを応援し、金妍児の実力は

認めざるおえなかった。


箱根駅伝が好き。

よって、私はお正月2日・3日はどこにも行かない。

特に3日は沿道で応援するのが我が家のお正月行事。

久美子さんはお正月眞ちゃんファミリーと一緒に過ごし、

1人でテレビ観戦をしている。


韓国ドラマ。これは

久美子さんが先に人間勉強の為に数年前から見始めた。

大いに影響される。

しかし、久美子さんは現代劇・私は主に時代劇という差はあるが。


もっと色々あるがまたの機会に。
[PR]

韓国ドラマ

韓国ドラマ

数年前、どなたか忘れたがその方に勧められ、

「ホテリア」という、ぺ・ヨンジュン主演の韓国ドラマを観た。


それが、いわゆる「韓流ドラマ」との初めての出会いだった。


ヨン様という人の俳優としての実力を思い知らされた気がした。


この人アイドルじゃないわ。

本格派の俳優。


彼の主演した「大王四神記」これもまた圧巻だった。


彼の役者としてのプロ根性は随所にみなぎっていた。


それからいくつかの韓国ドラマを観たが、

私の韓国ドラマベスト4は、

〇「チャングムの誓い」
〇「グッキー」
〇「ホテリア」
〇「善徳女王」


韓国ドラマが素晴らしいのは、日本のドラマと比較してしまうが、

日本は主人公が居て、その主人公を取り巻く「善」のチームが有り、

アンチは「悪」として描かれる。

しかし、韓国ドラマはほとんどの場合、主人公に相対する

存在も、それもまた有りかなと思わせてくれる人間味あふれた

安易な善悪に区分していないところである。


私は俳優の名前をあまり覚えないが、

主人公を囲む脇役の方々もまた魅力的なのが韓国ドラマの特徴。

チャングムの誓いのチェ女官長。

善徳女王のミシル。

どちらも主演に引けを取らない、助演女優賞ものなのである。

また、皆ハングリーで良く修行している人たち。

私は日本で大流行した「冬のソナタ」のような恋愛物より、

ヒューマンドラマ風が好き。

あの叔母様方が、成田空港でうちわのたぐいを振って、韓国俳優を

迎え入れるミーハー感覚と片付けるには、あまりにも勿体無い、

優秀な韓国俳優陣なのである。
[PR]

ボール購入

先日室内練習用にバッティングネットを購入したことは話したが、長年愛用していた

テニスボールは、そこここに持ち出し続け、50個あったが現在は20個ほどに激減。


そこで、土曜日3タコの後、ネットでお買いもの。

d0224139_127326.jpg

バットに芯でとらえると中に、パチンコ玉のようなものが入っていて、

カチンと音が鳴る仕組みのよう。

48個購入したので、これでしょっちゅう球拾いをしなくてもトスバッティングが可能。

張り切ってやってもらいましょう。

我が息子たち。
[PR]

本日の練習で学んだこと

彼はどうやら選抜チームメンバーが認める剛腕。

いわゆる「肩が強い」。

その点は褒められるべきポイントである有ることは間違え無し。

が、しかし恐れている事態が起きる。

いつかは何方かに指摘されるべきであったこと。

今までも言われたかもしれないがあまり聞こえたことが無かったんだろう。

監督より・・・・・

「伊藤君。これからは良く考えて野球をやりなさい。」

つまり頭を使えという事。

頭ねえ・・・・。

彼には新たな境地である。

学校のクラスでは「バカ3人トリオ」と自分で名付け、笑っている位だから・・・。

勉強はさておき、頭を使わなきゃ野球は出来なのだよ。
[PR]

選抜練習 3回目

本日は野球漬けの1日。

午前より所属チームの練習。

其の後早退し、公園でお昼を食べて選抜練習会場に移動。

d0224139_19165638.jpg
長男は本日ファーストとピッチャーの守備に就く。

どうやら彼はこのチームではファーストと控えピッチャーのように私には見えた。

このチームのエースは元々エースナンバー1番をもらった子。

70キロほどのナチュラルスライダーを投げる少年である。

以前この辺のキャッチャーでNo.1なのではと私が話したことが有る彼は、

このオール品川の主将を務めている。

が、しかし正捕手は私がその記事を記した時にまだ会ったことがなかった、

今回の春季リーグ無敗チームのキャッチャー。

彼は頭脳明晰で、穏やかな子であった。

昨日3タコの長男は本日の紅白戦でもノーヒット。

どうやら我が家でトスバッティングを始め、彼はスランプに陥ったようだ。

まあ大いに苦しみ、這い上がるしかないね。

このチームでの初戦は7月9日と決定!

頑張ってもらいましょう。
[PR]