<   2012年 02月 ( 66 )   > この月の画像一覧

会食

d0224139_1822095.jpg

シンガポールシーフード
[PR]
by it-yuko | 2012-02-29 18:22 | お仕事 | Comments(0)

ロッテ・藤岡貴裕選手

昨年、ドラフト1位でロッテに入団した藤岡貴裕投手。

なんでも東洋大学時代、筋トレジムが禁止だったそうで、走り込みと

投球練習だけで、太ももを直径65センチに造り上げたのだそう。

その下半身の絶対的安定感から投げ込む投球。

試合の度ごとに、踏み込んでいる足のスパイクのつま先に近い

金具が折れるそうで、試合後、毎回スパイク修理に出すのだそう。

走り込み(と投球練習)だけで、そんな太腿になるんだ・・・。

そのモモのサイズは、かつてのスケートの冬季オリンピックゴールドメダリストの

清水さんのモモに匹敵する事を聞いて、改めてその太さに驚く。

そのニュースを聞いて、思わず玄太郎のモモを巻尺で採寸する。

只今51センチ。

それが太いのか、細いのか私にわからないが、藤岡選手まであと14センチ。
[PR]
by it-yuko | 2012-02-29 08:50 | 野球 | Comments(2)

父からの手紙

父から手紙が来た。

d0224139_2002020.jpg
長男の野球の進路が決まったこと、またそのチームの監督の考えを
手紙で知らせたのを受けてのものだった。

d0224139_20161247.jpg
3枚に渡って、野球に関して熱く語った文面。

5年前癌になり、1年前鼻血が止まらず大量輸血。

全く自信を失ってしまった父。

その父が何年ぶりだろう?

野球に関してここまで自分の考えを語ったことは久しぶり。

私の父は中学生の軟式の野球の監督だった。

中学の教師であったため、学校の部活の監督だった。

昔は私と2人で野球談義に花が咲いたものだが、
ここ数年は、こちらから仕掛けても、余り気力がないようで、
乗ってこなかった父。

今回は違うようだ。

長男が素晴らしい監督に指導を仰ぐことが出来る事を
手放しで喜び、どんなことが有っても、必ず3年間、
監督には監督の考えがあるのだから、それに従うようにと
綴られていた。

長男は私にできない親孝行を、私に代わってやり続けて
くれている。

父にとって、自分の孫が野球選手であること、これが最大の
生き甲斐なのである。

もう少し長生きしてもらおう。

只今79歳の父。

長男が高校を卒業するまでのあと6年、85歳までは
元気で生きていて貰いたい。
[PR]
by it-yuko | 2012-02-28 20:17 | 野球 | Comments(2)

凝りに凝る長男

昨年末からだろうか?

暇さえあれば、いや、暇で無くても、放っておくと、

何時間でも見つめているこのカタログ。

かなり表紙もくたびれてきている。
d0224139_9361825.jpg
穴があくほど何百回と同じページを見ている。
d0224139_937997.jpg
たまたま部からの指定もこのミズノさんだったので本人大喜び。
d0224139_9373869.jpg
腕に見合った物にして頂戴よ。
[PR]
by it-yuko | 2012-02-28 09:40 | 野球 | Comments(0)

制服完成

昨日、1月に採寸したお店から、制服等々が完成して来たとの連絡あり。

本日、控えの詳細伝票を持ち、お店に出かけていった。
d0224139_18382960.jpg
ジャケット・パンツ、その他体育着、指定のシューズ等々。

自転車に乗せて帰宅。

早速ブレザーはハンガーに掛けてタンスにしまう。

後数日で、この人も中学生なんだよね。

この間、お友達も知り合いも居ない小学校に入学し、

肩を落として登校していた息子が、何人もの友達と

一緒に中学に行く。

6年の月日とはすごいことだ。

新しい3年間でどの位、大きくなってくれるだろうか?

とにかくあと20センチは大きくなってもらおう!
[PR]
by it-yuko | 2012-02-27 18:45 | 子育て | Comments(0)

感謝

長男は沢山の人たちに支えられ、
6年間プレーすることが出来た。
d0224139_231994.jpg
チームメイトはもちろんであるが、
本日の試合が終わった後でも、
沢山の首脳陣・コーチ・対戦相手の
ご両親・チームメイトのご両親等々から
声を掛けて頂いた。

「強くなれ」

「もっとタフになれ」

「これからも頑張れ」

皆さん、それぞれの言葉でエールを
送ってくださった。

ありがたいことだ。

この1年間に限って言えば、相手チームの選手・
ご両親とも親子共々仲良させていただいた。

それらすべて財産である。
d0224139_081050.jpg
一人で大きくはなれない。

野球は団体スポーツである。

そして、さまざまなシーンで、沢山の方々に
助けて頂きここまで来たのだ。

試合1つとってみても、審判の方々、
運営者等々近い存在であっても無くても、
沢山の方々からお世話になっている。

その事を忘れないで今後も野球人として
生きて行ってもらいたい。
[PR]
by it-yuko | 2012-02-27 00:54 | 野球 | Comments(0)

敗戦投手

長男は本日,敗戦投手となった。
d0224139_15592034.jpg
2対1で先行している状態で、4回から登板し、
先頭バッターをフォアボール・次のバッターを
デットボール。

ノーアウト1塁・2塁で、センター前ヒットを撃たれ
2点を献上し、逆転された。
d0224139_1601512.jpg
その後のピッチングは、打者9人と対し、
1フォアボール・2奪三振・4ピッチャーゴロ・
1外野フライ・1内野フライ。

決して内容が悪いわけでははないが、
出だしがお粗末。

2対3で惜敗である。

これで全ての6年間の試合は終わった。

最後が敗戦投手で私はよかったと思っている。

チームには申し訳ないが、ピッチャーとしての
自責点2なのだから仕方がない。

気を抜けば負け、緊張しすぎても負ける。

バッティング次第でピッチングの調子も
左右されるこの子が、今後、どんな時でも、
どんな場面でも平常心でプレーする事を
学んでくれればそれで良い。
d0224139_161331.jpg
主人と2人、6年間楽しませてもらった。

私たちの期待以上に頑張ってくれたと思う。

何よりも野球は楽しく、深く、そして面白い
ということを学んでくれたことに感謝している。

今日はボールボーイでかなりの声を
出していた次男。
d0224139_1632934.jpg
この人の代になるこれからの1年。

お兄ちゃんと自分をネガティブに比較することなく、
違う1人の野球選手として、頑張って
プレーしてもらいたい。
[PR]
by it-yuko | 2012-02-26 16:09 | 野球 | Comments(2)

お別れ大会第2戦

予想通り、雨は降っていない。

本日のお別れ大会第2戦。

13時プレーボール予定なので、午前中はチーム練習。

それに合わせてお母さんはお弁当作り。
d0224139_918997.jpg
右から長男・次男・お父さん・お母さん。
それぞれのお弁当箱。

今日の午前、チームからの指定で、スポーツ店に集合し、
中学野球チームでのユニフォームその他ウエアー・
シューズを揃える事になっていた。

しかし本日の練習・試合の為、1日早く昨日採寸・
ウエアー等々の購入へお父さんと長男で出かける。

その折に、新しいスコアーブックを買ってきてもらった。

昨年春より付け始めたスコアーブック。

丁度先週の試合で使い終わった。

新しいファイリングできる物をとお父さんにお願いし買ってきてもらった。

左が今までのもの。

右が新しいもの。
d0224139_9205581.jpg
お別れ大会が終わって、試合に出場し、スコアーを記入する日が
早くやってくることを願う。

では、まずは目の前の試合。

今日も頑張ってもらおう。
[PR]
by it-yuko | 2012-02-26 09:29 | 野球 | Comments(0)

ひとみちゃん

ひとみちゃんは五反田で一緒に仕事をしていた時の仕事仲間。

子供たちの先生である加藤さんとひとみちゃんは、飲み友達であり、
治療家同士の語り合う良き仲間であった。

5年前の2月25日、ひとみちゃんは進行性の大腸がんで亡くなった。

残された加藤さんと私は、毎年命日に、または別の日に偲ぶ会を催し、
何のことはない、ひとみちゃんが好きだったお酒とつまみで思い出話に
華を咲かせるのだ。

今年は私が出張であったり、先日加藤さんとは遅い新年会だった為、
今日は各々別々に偲んで勝手に飲むということになった。
d0224139_0123728.jpg

私は京都からの新幹線の中で缶チューハイをオーダーし、久美子さんと
話しながら一杯。

ひとみちゃんがもし生きていたら、きっと加藤さんと3人で
こんな風に仕事をしていただろうにと思わないではいられない夜。
[PR]
by it-yuko | 2012-02-26 00:12 | 人物紹介 | Comments(0)

清浄歓喜団

この清浄歓喜団とはお菓子の名前。

1993年から1996年まで大阪で仕事をしていた時に、
知った1000年前に唐から渡ってきた唐菓子。

先日、NHK大河ドラマ「平将門」で、松田聖子の隣に
積まれていて思い出し、京都での仕事があるうちに食べようと
思いつき、本日ゲット。

以前は河原町の本店でしか購入できなかったものが、
京都・伊勢丹のデパ地下で購入できることを、昨日ネットで発見。

d0224139_15352429.jpg
ごま油で
揚げてあるので、何とも香ばしいかおり。

中はアンコで絶妙なコンビネーション。

久美子さんと帰りの新幹線で1個ずつ食べる。

13年ぶりの味だった。
[PR]
by it-yuko | 2012-02-25 15:35 | 食・グルメ | Comments(0)