今日も伊藤裕子

<   2013年 05月 ( 57 )   > この月の画像一覧

最悪教科・英語

試験が終了し1日が過ぎた。

残念ながら覚次郎の数学1教科が

戻ってきただけで、玄は何も戻らず。

覚の数学は本人の予想を下回ったが、

点数的にはOKの結果だった。

そんな訳で、1教科の現時点では

何も語れない。

言えることは、玄太郎の英語がワースト

記録であろう。

それは、答案用紙が戻ってこなくても言える事。
d0224139_22541890.jpg
英語の範囲に山をはってくれて、

頑張って勉強したが、殆ど暗記できず。

ただ、選択問題がいくつかあったようで、

正解にいくつか丸を付けることは出来たとか。

何よりである。

私も今日は疲れている。

昨日はまだ試験当日だったので緊張感が

残っていたが、本日は大分緩んできたせいだろう。

眠いが、もう人仕事やるとしよう。
[PR]

贅沢な食事

昨日で中間試験が終わった。

そんな訳で贅沢な食事に出かけた。

d0224139_6231644.jpg

d0224139_6255046.jpg

d0224139_624285.jpg

d0224139_6243147.jpg

d0224139_6263547.jpg

d0224139_6245732.jpg
恵比寿の渋谷橋のそば。

辛いのを頼まずさっぱり系で。

どれも上品な程よいボリュームで。

特に、アボカドのサラダは味付けを含め、

絶品だった。

今日からまたランニングの始まり。

頑張ろっと!
[PR]

先日の渋川遠征

先日の群馬遠征時、164球を投げた玄太郎。

かつて、私がブログをスタートするに当たり

かなりお世話になった中島社長。

彼が私の大好きな焼きまんじゅう40個を

持って陣中見舞いに!

勿論選手へという事で、皆で美味しく頂く。

社長曰くB級グルメではなく、C級グルメ

なのだそうだが・・・



しかし、頂きものはそれだけなかった。

後日、ハイクオリティーな画像色々が到着。

そのうちの数枚を、ご本人から許可を頂きご紹介。

d0224139_758446.jpg

d0224139_759592.jpg

d0224139_8554737.jpg

d0224139_8551280.jpg
かなり良くなってきてるけど、 もうちょっと

頑張って倒れないで踏ん張って欲しいよね!!

このような画像を見せてもらうと、私のは恥ずかし

過ぎて載せられないね(´・_・`)

さて、今回の最高傑作は・・・・・

即効で主人のスマホの待ち受けになったこちら↓
d0224139_865885.jpg
セカンド塁審のお父さんと玄太郎。

不思議な山奥にすり鉢状に開けたこの球場。

チョードライなグランドと午後から段々と気温が

上昇した暑い中、最悪の試合をしのぐ2人。

お父さんの場所から、セカンドにランナーを

背負っている事が伺える。
[PR]

あと1日

d0224139_2391382.jpg

1日目の試験の数学は予想よりも不出来なのだそう。

国語は最後の問題まで時間切れでたどり着けず・・・

残念な玄太郎。

明日はもっとも苦手な英語。

そして社会・理科。

この3教科の中で、割とできるのは理科の科学。

同じ理科でも生物になると、途端にテンションが下がる。

社会は残念ながら今回は捨てよう。

数学と並んで最も頑張った英語は恐らく5教科の中で

最も成績が悪いだろう。

時間を掛けても成果が上がらない親子。

親子で勉強を始めた5ヶ月は6ヶ月目に突入する。



さて、もう一人の息子覚次郎。

朝、チョーネガティブで学校へ行ったが、それなりに

出来たらしく、下校時は機嫌を取り戻していたよう。

試験の準備も夜9時の段階で完了。

時間割、細かな準備、提出物の確認と素振りまでやる

余裕の状況。



話は玄に戻るが、今更嘆いても仕方がないが、7年生の時の

ていたらくのつけは大きい。

しかし、あの時は本人のやる気が全くなく、親も手を

付けられない状態だった。

7年生の有様を、9年生まで持ち越さなかった事を励みに、

試験後も地味に、親子で頑張っていこう(>_<)
[PR]

試験朝

本日中間試験の初日。

夕べ、しんちゃん塾から絶好調で
帰ってきた覚次郎。

解らない所がわかり、今日はほんとに
行って良かった(^^)/と、言っていた。

しかし...

私が2時間打ち合わせに出かけ家に戻ると、
(`_´)チョーネガティブな
覚次郎が勉強中。

一問解けないと、全てがダメに
なっていくネガティブさ。

自分でも、試験初日は苦手な国語スタートで
つまずいたら、本日の2教科目の数学も
自滅しそうと心配していた。

今朝もネガティブ炸裂。

頑張れ覚!
[PR]

先生奮闘

d0224139_17345611.jpg

中間試験に向けて、英語のレッスン。
何時間やろうとも、何十時間格闘しても、
I did 動詞が解らない玄太郎。

バカなのか、やる気が無いのか、
諦めてるのか?全て該当か。

先生も必死。

親も見ていないと寝入るので立ち会い。

一体いつ掴むのだろう?

冬休みから丸5ヶ月。
先生が奮闘してくれて丸2か月。
[PR]

昨日の治療

月一回の昨夜のメンテナンス。

覚からスタート。
d0224139_2013991.jpg
先生「何かに怒ってますね」

はい、数学ができなくて、自分に怒ってます(´・_・`)

先生「右手に力が入っていますが・・・」

はい、数学の答え合わせで、出来てない答えに

バッテンを付けるのに手に力が入るのです(´・_・`)


先生納得。

※青:母コメント

玄の場合・・
d0224139_20182540.jpg
玄「先生、僕、昨日164球投げて疲れているんです。
そして、試験なので勉強しなきゃいけないので
ストレス溜まってるんですが!」

先生「(色々チェック後)・・・全くストレスがない体です(^-^)」

玄「えっ!そんなはずないです!昨日は164球・・・・」

先生「ないから(^-^)」

なんだこいつ!もう少し投げ過ぎを反省しろ!!
[PR]

190センチ台の戦い

週末は連日野球漬けの我が家。

地元密着型の軟式チームの覚は、

中間試験が今週のため25・26日は

練習がお休み。

よって一人勉強ができる彼は、

計画の足跡に沿ってお勉強。



さて、この週末は164.5センチの

玄太郎とは別世界の甲子園では白熱した

対戦が行われた。

プロ野球界も、日本人同士にもかかわらず、

193センチ対197センチの対戦。

昭和生まれの私には、イメージすら難しい現実。

去年の今頃は二人共甲子園を目指す高校3年生

だった。

1年を過ぎ今度は、それを生業とする「プロ」の

世界で戦うことになった。

ほんのひと握りの選ばれし選手に与えられるプロの道。

その舞台に2人で立ち、甲子園で対戦する。

周りの期待を十分に受けるその中で、

素人の私には、

緊張しないのか?

平常心でいられるのか?

闘争心はどんな感じなのだろうか?

などなど、内面の状態に非常に関心を寄せる。

試合は藤浪選手が勝ち、打席での対戦は

大谷選手に軍配が上がる。

今後も交流戦の御蔭で、2人は幾度となく

対戦し続けるだろう。

ご本人たちは昨日の対戦を勝ったと

思っているのだろうか?

負けたと思っているのだろうか?

恐らくプロなので、藤浪選手が勝ったと思い、

大谷選手は負けたと思っている。

と、私は勝手に分析する。
[PR]

見応えのある対決

本日は朝の7時出発。

先日、長嶋さんが巨人の2軍選手と共に練習に訪れた、

かつてのジャイアンツ練習グラウンド。

その後地で、見応えのある対戦をまじまじと観戦。
d0224139_20344938.jpg
双方強くないと、本当の手に汗握る好プレーは

生まれず、真の実力も明白にならない。

本日はそんな試合。

大変勉強になる、学ぶ事多々有りの試合に

お目にかかることが出来た。

当の玄太郎はどこにいるかというと、
d0224139_20373610.jpg
この応援団の群れの中。

この群衆の中から抜け出し、この対戦に

加わる事が果たして近い将来可能だろうか?

志力を尽くした両選手に拍手。
[PR]

多摩川2年生大会

d0224139_9395669.jpg

本日の大会は、準決勝2つに決勝
[PR]