今日も伊藤裕子

<   2015年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

駅弁

満足いく仕事の帰りは、ちょっと奮発し、

新幹線の中で、美味しそうな駅弁を!
d0224139_2214061.jpg




iPhoneから送信
[PR]

日めくりカレンダー

博心堂の日めくりカレンダー。

どこで調べてきたのか、購入して欲しいと玄より。

d0224139_14182979.jpg

ネットで検索すると・・・・・


野球を志す少年のための

「心の野球日めくり」

壁掛けタイプの万年カレンダーです。
(切り取るタイプではありませんので、一年中、いつからでも
お使いいただけます。)

・サイズ125mm×260mm
・ことばと水彩画で1日分を構成し31枚+表紙・裏表紙の33枚綴り。
・野球を志す少年たちの「成しとげる心」を応援するもので、
技術的な記述はありません。

上記の説明があり、ネットで購入。

何でもいいわ。

本人の励みになれば(^-^)

iPhoneから送信
[PR]

調布、仕事の合間にランチ

今日は割と大きなイベント。

私は講師先生の前座を務めた。
d0224139_15475199.jpg

ランチを取り、ランチ後はゴットハンド講師先生の施術タイム。
d0224139_15475152.jpg

ランチは、主催者尚美さんのお手製料理を。

美味い!!

幸せ(^-^)



iPhoneから送信
[PR]

バッティングセンターの掲示

何ヶ月ぶりのバッティングセンター。
d0224139_2139920.jpg

興味が沸く掲示物。
d0224139_2139926.jpg

成程・・・
d0224139_21399100.jpg

そう来るか(^-^)



iPhoneから送信
[PR]

書類提出

朝一で入学金を振込み、その用紙を含め高校へ必要書類を

提出に神奈川へ。

帰ると、都内出願のクラスメートが多い理由で、

1時間で下校した玄が家に。
d0224139_145410.jpg

本日は素振りからスタート!

目下、右打ちの為、左膝の修正中。
d0224139_145475.jpg

ファイト!



iPhoneから送信
[PR]

本日のダブルヘッダー

覚の本日の遠征先は北区。

河川敷でのこの季節の割には、暖かかったかな?
d0224139_21255591.jpg

1試合目、1回の裏。

あれよあれよという間に、8点献上(>_<)

覚の打席も2回めぐり、2回ともフライを打ち上げる。

こんな試合を見ていると、出口の無い暗闇に追い込まれた

気分になる。

それでも、次のチャンスのために、日頃の練習に

気持ちを込めてもらおう!!




iPhoneから送信
[PR]

本日のオープン戦

本日の覚は6番・ファーストで。
d0224139_2219496.jpg

1打席目は強い当たりのライトゴロ

2打席目・フォアボール

3打席目・センター前ヒット

少しづつ、私の予想どおり「当たる」ようになってきた。

この調子で本戦に!



iPhoneから送信
[PR]

合格通知

午前遅くにやってきた合格通知。
d0224139_15361865.jpg

余り厚さが無いので、もしかして不合格かとヒヤリ。

クラス分けの学力テストの案内と、その他勿論お振込用紙。

ここからは親の懐の出番だよね!

頑張る母(^_^;)




iPhoneから送信
[PR]

受験の朝

駅に向かって走る玄。
d0224139_7351885.jpg

頼むよ!



iPhoneから送信
[PR]

3年間でのベストショットは

先日、玄のチームの父母会の方々より、卒団式に向けて

今まで撮った画像の提供が求められた。

そこで、この3年間撮影した画像を1枚ずつチェックした。

膨大な枚数の中から、出来るだけ偏らず、1人でも

多くの選手の画像が提出出来るよう、多くの時間を

費やした。

画像の整理をしながら、6年生の1月に入団を決めてからの

丸3年間の月日が思い出された。

その中で、画像の出来は不合格であるが、3年間のベスト

ショットがこちら。
↓                 ↓               
d0224139_8332548.jpg
これは、3年生の夏、大会で優勝した直後のものだ。

優勝した瞬間を撮ろうと、2アウト後のバッターの

時点で、シャッターチャンスを狙っていた。

それでも1歩出遅れ感はご愛嬌だ(^_^;)

センターを守っていたため、ピッチャーに向かって

走り出したところ。

彼のこの笑顔で、3年間の全ての苦労が報われた。

そんな瞬間だった。

本人も苦労が多い3年間であっただろう。

ただ若いので、きっとこの苦労は彼の人生に大きく

力になってくれると信じている。

いや、もしかしたらこちらが苦労と思った事を、苦労と

思っていかもしれない。

それでも、親にとっても本人にとっても至福の瞬間だった。

私は負けて泣かないことにしているので、この優勝のあとは、

大いに泣かせてもらった。

大した大会でも無いのにという声も、そこここで聞いた。

それでも、玄たちが優勝を目指し戦った、最後のしかも、

彼らにとっては大きな大会だった。

高校は未知数だが、また1歩ずつ登って行こう。

3年間を振り返る、良い機会となった。
[PR]